小学生のうちから家庭教師を~レッツSTUDY!~

学生

どちらがいいか

学習

志望校が決まっているなら予備校で志望校が完全に決まっているのなら、予備校のほうがいいです。なぜなら、その志望校専門のコースなどがあって、非常に効果的な勉強ができるからです。勉強は効率的に行なうことで覚えるスピードも変わってきます。また、志望校対策を立てられるうえに、同じ大学を目指す生徒たちと切磋琢磨できます。モチベーションもアップするために、合格率は高くすることが可能です。合格率が上がれば志望校に入学する希望が出てきます。家庭教師ではなかなか専門的な志望校対策というのは難しいです。"予算がないのなら予備校のほうがお得家庭教師はマンツーマンで教えてもらうことになるために、料金が割高になる場合が多いです。親の経済事情などが気になるのなら、予備校に通う方がいいと言えます。月々の支払いがとても安くて済みますし、勉強も家庭教師より効率的に教えてもらうことができます。苦手な分野だけに特化して勉強をするということは難しいですが、総合的に学力をアップさせることができます。"どちらにもメリットとデメリットがある予備校と家庭教師、どちらにもいい点と不便な点があると言えます。理想は両方を平行して使うことなのですが、お金がかかってしまいます。普通は家庭教師の方を諦めるケースが多いです。模擬試験などもできるために、前者にはメリットが多いと言えます。チューターというカウンセリング専門の人がいて、大学受験に関するいろいろなことを相談できるので便利です。