小学生のうちから家庭教師を~レッツSTUDY!~

学生

適切な指導

学生

全国規模のテストでは、自己評価がわかりやすく公開されます。ですが集団での指導になるので、指導についていけないお子様は、どんどん取り残されてしまうというデメリットもありますが、競争心が高いお子様には、「上を目指したい」という意欲が湧き、成績向上が期待できます。家庭教師を選んだ場合受験対策に進学塾ではなく、家庭教師を選んだ場合、マンツーマンでの指導で基礎学力向上を中心に行いながら、お子様の学力向上に合わせてきめ細やかなサポートが受けられます。基礎が十分築かれた上で、応用力を高める問題を解いて、わからなかったところが十分身につくまで念入りに指導してくれます。応用問題に関しては、会社が独自のデータを持っているので、入試の傾向と対策はバッチリです。周囲に左右されることなく学力アップを図りたいお子様に適しているといえるでしょう。塾と家庭教師の費用比較進学塾も家庭教師会社も、民間の会社が経営するので、入学金、紹介料、月々の月謝が規定によって異なりますし、これにテキスト代なども発生します。家庭教師の方がお高いイメージがあるかもしれませんが、最近は紹介料なしで格安のものもあります。個人経営している家庭教師は、もっとお安いこともあるのです。お子様に合った方法でこのように進学塾と家庭教師の受験対策は、置かれている環境が異なるので、お子様に向き不向きがあるのです。どちらを選択するかは、お子様の性格を十分考慮し、話し合って決めることが大切です。一方的に決めてしまうと、お子様のやる気を損ね、効果的な学力向上が望めません。じっくり家族会議した上で最適な受験対策を選んでください。